彼氏が好きすぎてつらい!大好きな恋人と長続きする方法は?Ciel

彼氏が好きすぎてつらい!大好きな恋人と長続きする方法は?

「彼氏が好きすぎてつらい!」特に、ずっと片思いをしていた男性とカップルになれた時にはこのように思うもの。せっかく付き合えたのだから、ずっと彼と一緒にいたい!と思うこともあるでしょう。ここでは大好きな彼氏と関係が長続きする方法や、気持ちが抑えられない時の対処法についてもご紹介していきます。

彼氏が好きすぎる!長続きするには?

彼氏が好きすぎる女子は何かと彼氏に対してベタベタしてしまうもの。もちろん付き合いたての時は彼氏もベタベタしてくる彼女にデレデレですが、これがあまりにも長く続いてしまうと、ちょっとした温度差が生まれてくる可能性もあります。つまり、彼の方が先に疲れてしまう可能性があるということです。


長続きするには、このギャップや温度差のようなものを埋めるのが重要と言ってしまってよいでしょう。実際に長続きしているカップルやゴールインしたカップルを観察してみると、うまくお互いの温度差やギャップのようなものが埋まっていて「不安定さがない」というケースもあります。


つまり、相手が好きすぎるあまりにずっとベタベタしていたり、感情を爆発させ続けていると相手との関係が若干、不安定になりすぎることもあります。


イメージ的に、一瞬で燃え上がって一瞬で燃え尽きてしまうような関係ではなく、まるで炭火のように「火力はそこまで強くはないけれど長続きする」、そんな関係が長続きの秘訣です。

温度差カップルに注意!

温度差カップルにも注意です。感情を爆発させすぎると長続きしているカップルでも、お互いに温度差が生まれることがあります。もちろんお互いに愛し合ってはいるのですが、片方が常に大好きオーラ全開で「24時間一緒にいたい!」と思っていても、相手もそうだとは限りません。相手の性格が「好きは好きだけど、自分の時間はきちんと確保したい」というタイプの場合は、相手が疲れてしまう可能性もあります。


ここから「お互いに好きなんだけど、何となく別れた方が良いような気がする」という別れ話に発展する最悪のケースも考えられますので、温度差がありすぎるのも考えもの。きちんと相手の温度に合わせてあげるのも重要です。


彼氏を疲れさせないためには?

彼氏を疲れさせないようにするためには、時には「ずっと一緒にいたい」とか「いつでも連絡を取っていたい」という気持ちを少し封印するのも重要です。もちろん、一緒にいられるときや遊んでいる時にはその感情を爆発させても良いのですが「相手のことを束縛しすぎないようにする」ということを考えてあげましょう。


温度差を調整して長続きするカップルに

大好きな彼とずっと一緒にいるためには、温度差を調整するというのが重要なポイントです。「一瞬で燃え上がって、一瞬で燃え尽きる」ような恋愛になってしまってはもったいない!相手の性格も考えて、長く一緒にいられるような関係作りをしていきましょう。


付き合っていてもその気持ちがずっと変わらないままでいる保証はどこにもありません。恋人という関係になってから何年も経過すると相手と接している時に感じる感情が「燃え上がるような愛情」ではなく、まるで「家族と接している時のような優しい感情」になるもの。この感情に切り替わった時に戸惑わずに長続きできるのは、やはり温度差が調整されている落ち着いたカップルです。


前のページへ

関連記事

今の彼氏と別れるかどうか迷った時に実践したい5つのこと

「今の彼と別れるかどうか悩んでいる。」今まで付...

結婚が決まるのはこんな時!男性が「結婚したい」と思う瞬間3選

「彼氏に結婚を意識してほしいのに、なかなか意識...

可愛いヤキモチで彼を胸キュンノックアウト!おすすめのヤキモチの焼き方は?

「彼が仕事や学校の関係で他の女性と会っていると...

女性なら持っていたい!女子力が高い人の特徴や高める方法は?

女子力とは、女性らしい魅力のことで、主に男性を...

結婚相手の見極め方とは?彼と結婚して大丈夫か判断する方法!

結婚と言えば、人生を左右するほどの一大イベント...

一緒にいたい!男性にとって「手放したくない女性」の特徴とは?

「あのカップル、いつも喧嘩ばっかりしているのに...

「恋愛」記事一覧

30 view

66 view

111 view

117 view

141 view

最新記事一覧

30 view

66 view

68 view

111 view

117 view

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or