恋愛感情が冷めてしまった?冷めた瞬間とその心理とはCiel

恋愛感情が冷めてしまった?冷めた瞬間とその心理とは

「あれ?最近恋愛感情がなくなってる気がする。」

突然、恋愛感情が冷めてることに気付いた経験はありますか?また長く付き合っていれば、恋愛感情が薄れていく人が多いですよね。


なぜ好きの感情が冷めていってしまうのか?

この記事では、2つの冷めるパターンの事例を紹介していきます。


恋愛感情がゆっくりと冷めるパターン

恋愛感情がゆっくりと冷めていくのは、あなたが気付かない間に起こっていることです。この場合では、長く蓄積してきたストレスが冷める原因となっています。

束縛が激しい

束縛が激しいと冷める原因にもなります。最初は軽い束縛かもしれませんが、女性の中にはその束縛に愛を感じる人もいるでしょう。


しかし月日が経ち、束縛が激しくなってくると気軽に飲みにも出かけられなくなります。ここまでくると束縛の激しさに呆れることでしょう。束縛もほどほどが良いのです。

めんどくさい性格

「ね〜あたしのこと好き〜??」「おれは昔はワルだったんだぜ!」

このような発言を繰り返すような女性も男性も、めんどくさい性格と言えますよね。「あ〜はいはい。好きだよ〜。」「はいはい。ワルだったのね。」とあしらうしか方法が無くなります。

物事をはっきりと言わない

いつも自分の意見を言わなかったり、喧嘩しても自分のこと感情を表に出さないような人は、相手の恋愛感情を冷ましています。付き合っている以上、お互いのことを深く知りたいのが本音です。物事ははっきりと言わないのは、相手のことを知ることが難しいとも言えますよね。


自分の意見はしっかりと言うことが重要。いろんなことを話せるから、さらに好きになっていくのです。

いつもネガティブな発言ばかり

「俺ってダメなやつだよね。」いくら彼氏でもこのような発言ばかりしていれば、彼女も呆れてしまうでしょう。ネガティブな発言をしてはいけないわけではありませんが、ネガティブな発言ばかりでは、相手が疲れてしまいます。


いつしか「私は彼の相談役なのかな?」と思ってしまうでしょう。ネガティブ発言はほどほどが良いのです。

恋愛感情が急激に冷めるパターン

ゆっくり冷めるパターンとは反対に、急激に冷めてしまうこともあります。特に付き合いたてのカップルには多い事例です。

他の異性を感じた時

LINEで男友達を頻繁に連絡を取り合っていたらどう思いますか?

彼女に事情を聞く人もいますが、彼女に聞けないと思い悩んで気持ちが冷めてしまう人もいます。


恋愛では新たな異性の登場が、別れる原因になることが多いですよね。それは怒りとともに冷めた気持ちがあるからでしょう。

食べ方が汚い時

食べ散らかす人や食べ物をよく残す人、クチャクチャと音を立てて食べる人に冷めたことがある人もいるでしょう。このような食べ方は、相手が気持ちよく食事を楽しむことができません。またマナーが悪いと感じて、急に冷めてしまうことも少なくないのです。

急にキレるなどの感情に難があった時

感情の起伏が激しく急にキレたり、急に甘えたりする人は、落ち着いた関係にはなりにくいです。付き合いに落ち着きや安心感を求めている人が多い中、急に感情をぶつけてくるのは冷める原因になるでしょう。


また感情に任せて暴力を振るうのは冷める以前に犯罪にもなってしまいます。急激に感情が変化する人は、自分を抑える努力をするべきです。

冷めるようなことを相手にしないようにする

冷める事例をいくつか挙げましたが、注意するポイントは、あなたもこのような事例を行なっていないかということです。


あなたが冷めるようなことを、相手にしてはいけませんね。逆に冷められないように注意することも重要なのです。


前のページへ

関連記事

可愛すぎる彼女がいると悩みが尽きない!ベタ惚れ彼氏の悩みと解決法

「彼女が可愛すぎて、思わず不安になるそのくらい...

遠距離恋愛にはどんなパターンがある?長続きさせるコツも紹介

「会えない時間でさえも、上手に恋愛のスパイスに...

年下の彼女が可愛くて仕方ない!上手な付き合い方や年下彼女の魅力を紹介

恋愛に年齢差があるのはよくあることで、最近は「...

「恋愛」記事一覧

79 view

60 view

59 view

78 view

60 view

最新記事一覧

37 view

79 view

60 view

59 view

78 view

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or