• HOME
  • tsumugi cafe
  • 「ルール」で縛られない女性が愛されやすい?

コラム

「ルール」で縛られない女性が愛されやすい?

コラム

2022.10.16

135 views

友人という関係から、彼氏・彼女の仲へ発展。好きな人と両想いになれる、それはとても嬉しいことですよね。

交際へ発展すると、お互いの素が少しずつ出てきます。相手のことを愛するあまり、自分で考えたルールで相手を縛ったり、束縛をしたりしていませんか?


例えば「一週間に一度はデートをする」「一日に最低何通は連絡をする」「記念日はどこかに出かける」「異性との連絡は仕事以外しない」など

ルールの共有を相手に要求してしまうことも…。相手も同じ意見や気持ちの熱であれば、問題はありません。


しかしルールに縛られるのが嫌いな人も多いのも事実。付き合った当初は相手の提案を断ることができず「YES」と答えてしまい、

本当は守りたくないルールでも嫌々ながら相手に付き合い、それが原因で関係がギクシャクしてしまったり、

最悪の場合、ルールに耐えきれなくなり別れてしまったりといったことも…。


自分では強要しているつもりはなくても、相手にとっては苦痛・負担と感じているルールがあるかもしれません。

交際相手との何かしらのルールがある方は、相手の様子を観察してみましょう。


それとなく「どう思っている?」と聞いてみるのも良いかもしれません。重くない雰囲気を作り、相手の気持ちを傾聴する姿勢を作りましょう。

「実は…」と相手の本音が出てくるかもしれません。交際期間が長くなればなるほど、ルールを守ることが難しくなります。

どうしようもなく、決めたルールを守れない時もあるのです。

そんな時「約束したのにどうして守れないの!?」と一方的に責められたら、相手の気持ちは冷めてしまいます。


「恋愛をすることが億劫」「彼女(彼氏)は必要ない」と感じる人の中には、いつまでも自由でいたいから、

相手に縛られたくないから…という理由の方がいます。付き合うことで、自分の時間を減らしたくないと考える人が増えています。


仕事でも同じことが言えます。歓迎会や送別会の「飲み会への出席」や「上司と関係を深めるための外出や食事」は

昔は出席しなければならない時間だと考えられていました。しかし現代は、賃金が発生しないそのような場所は

必ずしも出席しなければならないということではない、自分のプライベートを優先したいと考える方も多いんです。


それだけ自分の時間を大切にしている人が増えました。


そんな男性が増えたからこそ、世間のルールに縛られない女性がモテ上手だと言われるようになりました。

自分自信が世間のルールや常識にこだわりすぎないことで、相手の自由も尊重ができます。


一人で過ごす時間を苦痛と感じず、他のカップルと比べたり、プラスの意味で一般的なルールを重要視しないからこそ、

相手の時間も尊重することができます。お互いのライフスタイルを大切にしながら過ごすことが、愛され上手になるコツです。


相手に求めすぎるのではなく、自分の考えで縛ることもせず、自分にとっても相手にとってもちょうど良い距離感で付き合っていくことが、二人の幸せへと繋がるのです。


今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or