• HOME
  • tsumugi cafe
  • 片思いのサインとは?諦めるコツと新しい出会いの見つけ方

コラム

片思いのサインとは?諦めるコツと新しい出会いの見つけ方

コラム

2024.04.05

167 views

片思いの相手に対して「本当に片思いなのか」「脈がないとわかっていても諦められない」と考えてしまう方の悩みにお答えします。男女別に片思いのサインや、社会人におすすめの出会い方についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


片思いをしている人のなかには「本当に片思いなのか」「脈がないとわかっていても諦められない」と悩む人もいるでしょう。友人から「諦めた方がよい」といわれても、どうすれば諦められるのかわからない人は多いです。 そこで本記事では、片思いのサインを男女別にまとめ、さらに片思いを諦めるコツについて解説します。社会人の出会いの場についても説明しているので「好きな人を諦める方法」や「新たな出会いを求める方法」を知りたい人におすすめです。





【 男女別 】片思いのサイン

片思いのサインには、男女それぞれ違いがあります。冷たい態度をとられていたのに、実は好き避けだったり、優しかったのに実は脈なしだったりすることもあります。脈があるのかどうかのサインに気がつけば、あなたの異性に対するアプローチの仕方も変わるでしょう。 ここでは、片思いの脈なしサインを男女別にまとめています。





男性の脈なしサイン


男性は考えていることが態度に出やすいので、女性に比べると、脈なしのサインがわかりやすい傾向にあります。





2人で会おうとしない


2人で会おうとしない状況や2人になることを極端にさけられる場合は、脈なしと考えた方がよいでしょう。 たとえば、食事に誘っても断られたり、グループで集まっていて2人きりになりそうなときに、不自然に別の友人のところへ行ってしまったりした場合は要注意です。相手の男性は、あなたのことを避けようとしているかもしれません。




連絡の返信が遅い


電話やLINEの返信が遅い場合も、脈なしと考えた方がよいでしょう。男性が連絡するときは、業務連絡のような事務的なものが多く、日常の会話をマメにする人は多くありません。 しかし、気になる異性であれば話は別です。そのため、返信が遅い、既読スルー、愛想のない返事しか返ってこないなどの場合は、脈なしと考えた方がよいでしょう。




恋愛相談をされる


気になる相手に、恋愛相談をされるのは苦しいものです。残酷ですが、恋愛相談をされるということは、相手に好きな人や気になる人がいるということなので、脈なしの可能性が高いでしょう。 しかし、相談の内容が、彼女とのケンカの話だった場合や、うまくいっていないという内容であれば、まだチャンスはあります。相手の話をよく聞いてから判断するのがおすすめです。




4. 異性との交流を嫌がる


束縛が強い人の代表的な行為として挙げられやすいのが、異性との交流の制限です。自身のパートナーが、異性とできるだけ交流を持つのをよく思わないのは、恋人としては当然の反応といえます。 しかし、束縛が強い人は、自身の恋人が仕事で異性と交流することすら許しません。人によっては、勝手にスマホの連絡帳をチェックし、異性の連絡先を片っ端から消去するケースがあるほか、男性の場合は恋人の女性のメイクや服装に制限を課す場合もあります。






女性の脈なしサイン


女性が出す脈なしのサインは、男性からするとわかりにくいものが多いです。ここでは3つ紹介しているので、参考にしてください。




無愛想な言動や態度


女性の脈なしサインでわかりやすいもののひとつが、無愛想な言動や態度をとることです。女性が無愛想な言動や態度をとるときは、あなたを苦手だと感じているかもしれません。 ほかの人との関わりと比べて、自分にだけ無愛想な言動や態度をとる場合は、脈がないと思いましょう。




連絡をしても返信がない


連絡をしても返信がない場合は、脈なしの可能性が高いです。女性からすると、日常的に連絡がきてうれしいのは、相手に好意がある場合です。 脈なしの人から何度も連絡がきても、ストレスを感じるだけなので、既読スルーや未読スルーをします。そのため、連絡しても返信がない場合は、脈なしと考えましょう。




彼氏はいらないと言われる


女性から彼氏はいらないと言われたときは、脈はなくシャットアウトされていると考えましょう。あなたに少しでも好意があれば、女性はあなたとの距離を縮めようとするものです。 彼氏はいらないと言われたり、ほかの男性と話していて楽しかったといった内容の話をされたりしたときは、脈なしと考えましょう。






片思いを諦めるコツ


片思いは、いつか諦めなければなりません。いつも相手のことが気になったり、まだチャンスがあるかもと考えたりすることもあるでしょう。しかし、片思いが両思いへ進展する可能性は低いです。 ここでは、片思いを諦めるコツを3つ紹介します。




連絡を取らない


片思いを諦めるコツのひとつめは、連絡を取らないことです。LINEやメール、SNSなどいつでも連絡できる状態では、諦めるタイミングが見つけにくい場合もあります。 仕事上の関係で避けられないこともありますが、プライベートでは「連絡がきても返信しない」「自分からも連絡しない」ことから始めてみるのもよいでしょう。どうしても諦めきれない場合は、連絡先を消してしまうのもひとつの方法です。 次の出会いに進むためにも、強い意思をもって連絡を断つことをおすすめします。




趣味を見つけて没頭する


相趣味を見つけて没頭することも、片思いを諦めるコツのひとつです。好きなことに集中できれば、片思いの相手のことを考える時間が少なくなります。 運動や写真、映画鑑賞などなんでも構いません。「3か月で3kgやせて、次の恋にすすむ」と目標を決めたり、以前から興味があったことにチャレンジしてみたりするのもよいでしょう。 没頭するものがあれば、気持ちが前向きになるものです。趣味を見つけて没頭すれば、片思いを諦めるきっかけになるでしょう。




新しい出会いを探す


片思いを諦めるコツの最後は、新しい出会いを探すことです。世の中には、自分が考えている以上に大勢の異性がいるので、視野を広げればもっと自分と気が合う人もいるはずです。 「自分には出会う機会がない」と感じている人には、マッチングアプリを活用するのもひとつの方法です。自分から新しい出会いを求めることで、片思いを諦められるでしょう。




社会人の出会いの場4つ


片思いを諦めて、新しい出会いを求めても、学生時代とは違い、仕事が忙しくて出会いの場がないと感じている人もいるでしょう。しかし、社会人にもおすすめの出会いの場はあります。 ここでは、社会人の出会いの場として4つ紹介します。




マッチングアプリ


社会人の出会いの場で、1番のおすすめはマッチングアプリです。消費者庁が、恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者を対象に行った調査によると、マッチングアプリの利用者は年々増加しています。 2021年の利用率は、5人に1人にあたる21.8%で、2017年の9.1%から右肩上がりで増えています。人気の理由は、趣味や価値観などの希望の条件で、多くの人と気軽に会えることです。また、女性は無料で、男性はコースによる料金設定がされていることが多いです。 マッチングアプリのひとつであるCielは、20代の独身女性2人が開発していて、安全対策も充実しています。虚偽や不誠実な対応をしている人に対して、自主退会や再登録が制限される制度があるので、安心して利用できます。




趣味や習い事


趣味や習い事も、社会人の出会いの場のひとつです。共通の話題で会話が盛り上がり、初対面でも楽しい時間が過ごせます。写真やスポーツジム、旅行など、趣味や習い事は共通の話題としてぴったりです。 ただし、マッチングアプリと違い、全員が出会いを求めているわけではないので注意しましょう。




知人に紹介


お付き合いをしているカップルも、はじめは知人同士のグループで出会い、そこから気が合い、カップルになっていきます。また、出会いの場の定番である合コンは、知人同士のつながりで開催されるので、安心して参加できます。 知人を通じて出会った人とは仲良くなりやすいので、有効に活用しましょう。




街コン


街コンも、社会人の出会いの場としておすすめです。街コンは、友達や恋人がほしい男女が集まるイベントで、企業や地域の商店街が主催しています。 婚活パーティーや結婚相談所に比べてラフに参加でき、たくさんの異性と交流できる機会になります。






まとめ


片思いを諦めるのは簡単ではありません。ですが、叶わぬ恋を追い求めるよりも、新しい出会いを求めて行動する方が前向きな気持ちになれます。 脈なしのサインに気づいたときは、連絡を断ったり、趣味を見つけたりして諦めるのも選択肢のひとつです。あなたを待っている新たな出会いはたくさんあります。 社会人が新たな出会いを求めるのであれば、マッチングアプリがおすすめです。Cielなら、女性は無料で利用できて登録も簡単です。出会いの目的を複数選べ、お付き合いするうえで大切な、お金に対する考え方も事前に登録するので、出会いに対するスタンスのズレを防げます。 片思いを諦めて新しい出会いを求めたい人は、まずは登録してみましょう。


恋活・婚活マッチングアプリは「 Ciel(シエル)」!

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or