• HOME
  • tsumugi cafe
  • 婚活での告白は3回目のデートが吉!その理由を解説

コラム

婚活での告白は3回目のデートが吉!その理由を解説

コラム

2020.10.31

106 views

婚活では、様々な男性と交流をしたり遊びに行ったりすることもあるでしょう。

もちろんフィーリングが合う相手とはお付き合いに発展することもありますが、告白をするなら3回目のデートがおすすめです。

ここでは3回目のデートで告白をすべき理由やそのメリットをご紹介します。



3回目のデートで告白をすると良い理由

婚活ではまず出会いがあり、そこからお互いのことをいろいろと知るなかで

「もっと深い仲になってもいいかな?」と思うことでデートに発展することがあります。


何回かデートを重ねていくうちに「この人とお付き合いをしたい!」と思ったら告白をするべきですが、

そのタイミングは3回目のデートが良いでしょう。


なぜなら3回目のデートともなると、お互いに今後のお付き合いを意識して始めている可能性が極めて高いと言えるからです。


もちろん1回目のデートで告白をするのも良いでしょう。しかし、1回目のデートでいきなり告白をするのは

「この人は婚活に急ぎすぎているのではないか」と思われたり「いきなり告白してしまうような人なのかな?」と、

あらぬ誤解を生じさせてしまうこともあります。


同様の理由で2回目のデートでもまだ少し時期尚早という印象があります。そこで、3回目のデートがベストというわけです。



鉄は熱いうちに打とう

ちなみに3回目以降のデートになると、告白のタイミングをやや逃してしまっている印象があります。

なぜなら3回目のデートともなるとある程度の期間が経過しており、

お互いに婚活をしている身であれば「そろそろ発展してもいいのかな?」と思う時期です。


つまりお互いの気持ちがマッチしていて、気分の盛り上がりも最高潮にある時期といって良いでしょう。この機を逃してはなりません。


婚活というある種の制限時間がある活動の中では、3回目のデートくらいで区切りをつけておかないと、

それ以降は関係がダラダラと続いてしまい「単純に仲の良い友達ができた」で終わってしまいます。


婚活はあくまでも結婚相手を探す活動ですから、お友達ができてもあまり意味がありません。


また、付き合っていないのにデートを重ねるのは婚活という効率重視の活動をしている中で相手に対して失礼になってしまうことも考えられます。


婚活という状況を考えると、あまり長い期間相手を束縛するのもよくありません。

ちなみにお見合いの場合は、結婚相談所やお見合いをセッティングしてくれた人から3回目くらいのデートで

「そろそろ結論を出されてはいかがですか?」と、促されることもあります。



早すぎず遅すぎず、3回目のデートで結論を出そう

たとえ婚活とは関係のない自由恋愛で考えてみても、3回目のデートで告白するかどうかの結論を出すのは決して時期尚早ではありません。

今まで3回もデートをしているのですから、お互いに「絶対にフィーリングが合わない」ということは考えなくても良さそうです。

相手もある程度好意を寄せてくれているでしょうから、勇気を持って3回目のデートで結論を出しましょう。

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or