コラム

初対面で恋愛対象になれるポイント

コラム

2022.09.26

171 views

相手に与える第一印象は、とても重要です。

異性・同性に関わらず、出会った瞬間に印象が悪いと、後々悪い印象を与えてしまった相手に弁解していくのは至難の業…。


最悪の場合「もう関わりたくない」「そういう人なんだ」など、例え自分が緊張をしてしまい

どうしようもなく取ってしまった態度でも、一度不快にさせてしまった相手への高感度を上げるのはとても難しいのです。


そしてそれが男女間であれば「この人は恋愛対象(彼氏・彼女)にはならない」と第一印象で簡単に線引きされてしまうことも…。

しかし逆に捉え、第一印象から恋愛対象に入る相手になることができれば、交際へと発展させるチャンスを広げる機会でもあります。

今回は限られた時間で相手に良い印象を与えるポイントについて紹介していきます。


一番最初の挨拶や話しかけた時に、相手の雰囲気が柔らかかったり、

優しい雰囲気の人だったり、笑顔で答えてくれる人だったら自分も話しやすいですよね。


逆に「ぶっきらぼう」だったり「素っ気なかったり」すると「自分には興味がないのでは?」と

マイナスに考えてしまった経験はないでしょうか?


恋愛において「笑顔」「雰囲気」はとても大きなウエイトです。

自分の話を笑顔で聞いてくれると、こちらも自分のことを話したり、相手に質問しやすいですよね。


自分が相手に対して好意や興味があることを自然に伝えることができれば、一歩前進です。

人は自分に好意や興味を抱き、接してくれる相手に嫌な気持ちを抱く人は少なく、相手に対して好意を抱きやすくなります。


一番最初の「会話」も重要。自分のことばかり話す人はNGです。

今後、付き合った時を想像した時に「この人は私の話を聞いてくれない人」だと思われてしまいます。

相手の話をまずは聴きましょう。


上手に相づちを打ったり、聞き上手になることが大切です。

もし相手が話し下手の人であれば、相手が答えやすい簡単な質問をしてみるのも良いでしょう。


「私はあなたに興味があります」という雰囲気を作ることがポイントです。


また、人間は第一印象において「視覚」による情報によるものが約80%以上を占めるとも言われています。

初めて会った時の服装やメイクなども相手に与える印象に関わります。


見た目において男女共に圧倒的に求められているものは「清潔感」。

相手の嗜好や好みのタイプがわからない時は、露出の多い服装や濃いメイクを控えることも第一印象を悪くしないための方法でもあります。


「軽そうな相手」「遊んでいそう」という悪いイメージを植え付けてしまう可能性が高いのです。


雰囲気や見た目の他、気配りや常識的なマナーも相手に見られていると言っても過言ではありません。

しかし緊張しすぎてしまうと、いつもの自分でいることが難しくなってしまいます。


肩に力を入れすぎないことはもちろん「この人良いな…」と思う相手に出会えた時は笑顔で接すること、

相手の趣味に興味を持ったり「自分も好意がありますよ」というさり気ないアピールが出来ると良いですね。


今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or