コラム

不安な時の心の落ち着かせ方

コラム

2022.06.02

69 views

恋愛をしていると「幸せ・楽しい」といったプラスの感情以外に、

相手の態度や将来を考えると心配になってしまったり、不安などマイナスの感情に捉われてしまうことも多いですよね。

特に片想いをしている時や、交際をしていても「最近なんだか素っ気ない」「浮気をしているかも…」なんて考えてしまう時は、負の感情に陥りやすいモノ…。

んな時の心の落ち着かせ方について、今回は紹介をしていきます。



不安な時、心を落ち着かせる方法のまず一つ目は「深呼吸をする」です。

「そんな簡単な方法で落ち着くことができるの?」と感じる方もいると思いますが、これは人間の構造において実は理に適った方法なんです。

不安になったり、イライラしたり、心が落ち着かない時は「浅い呼吸」になってしまいます。

(自律神経が乱れているとも言われます)意識をして「深い呼吸」を繰り返すことで、副交感神経の働きが活発になります。(身体をリラックスさせてくれる神経が働いてくれるのです)


大きく息を吸ったり、吐いたり、この方法ならあまり場所を選ばずにできる方法だと思います。自分の気持ちが不安定だなと感じたら、試してみるのはいかがでしょうか?


また気分が乗らない時は、部屋の中に引きこもって一日中、意味もなくスマホを眺めていたり…。

そんな時はありませんか?部屋の中で自分の好きな音楽を聴いたり、好きなDVDを鑑賞したり、有意義な時間を過ごすことができれば気分転換にもなるため良いでしょう。


しかし、ベッドの上で何もしないでずっとゴロゴロ寝てしまったり、マイナスなことを悶々と考えてしまうのはNGです。

「面倒くさい」と感じるかもしれませんが、不安な時こそ外に出て、太陽の光を浴びましょう。

こちらも人間の能と関係をしているのですが、太陽の光を浴びることで脳内物質の「セロトニン」が分泌されます。

このセロトニンは「幸せホルモン」とも言われており、心の安定や平常心をもたらしてくれる物質なんです。

外に出て、太陽の光を浴びる習慣を付けることがおススメです。考え方が変わり、マイナスな感情が軽減されるかもしれません。


漠然とした「不安」を何かに書き出すことも有効とされています。自分が何を感じ、何を思って「不安」を抱いてしまっているのか。

不安やイライラ、心のザワザワ…。負の感情はどこから生まれているのか?何が原因となっているのか?

ノートや日記に書き出すことで、心の整理ができます。


ビジネスシーンにおいても問題の「可視化」は重要とされていますが、心の問題においても可視化することで、見えてくるものがあるでしょう。

恋愛において不安は付き物です。しかしそればかりに縛りつけられてしまっては、日常生活にまで影響を及ぼしてしまいます。

相手の心が見えず辛い時もありますが、自分が負のオーラを出してしまうと相手もその空気を受け取ってしまうかもしれません。


心を落ち着かせ、余裕を持って過ごしていた方が幸せも訪れやすいのではないでしょうか

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or