コラム

セフレからの脱却方法

コラム

2022.10.22

93 views

最初は身体だけの割り切った関係で良かったのに、いつの間にかセフレを好きになってしまった…。

なんて言う経験がある方もいるのではないでしょうか?


セフレとは、セックスフレンドの略で、身体だけの関係、お互いに快楽だけを求める関係のことを言い、

スポーツ感覚で性行為を楽しんでいる人もいるようです。


双方がこの関係を割り切り、セフレとして付き合っているのであれば、辛い思いをすることもないでしょう。

しかし相手に恋愛感情を抱いてしまったのであれば、話は別です。

一度セフレになってしまった以上、特に男性が女性に恋愛感情を抱くのは難しいと言われています。


それは「都合の良い女」「重くない関係を望んでいる」「ただ快楽だけを求めている」男性にとって

「彼女は面倒な存在」と感じる方も少なくないからです。

一度セフレになってしまったら、本命には絶対になれないということもありません。ここでは、セフレからの脱却方法について紹介していきます。


まずセフレから脱却したいと感じたら、相手に本命(彼女)がいないか確認することがポイントです。

相手には大切にしている存在がいるのか事前にチェックすることをおススメします。

ましては相手が既婚者であれば、さらに状況は変わってきます。相手の立場から考え、自分が一歩先の関係性になれるかどうか冷静に判断する必要があるのです。


セフレ=いついなくなっても良い存在と考える人もいます。

それはセフレという存在として完全に割り切り、あなたじゃなくても他に変わりはいるからと軽く考える人が多いからです。


そのため「あなた以上に良い相手は他にいない」と少しずつ感じさせることが次のポイント。

それは身体の相性だけではいけません。話しやすさだったり、居心地だったり、身体だけではなく

精神的にも支えてくれる相手であることを伝える必要があります。


相手の話に共感をしたり、趣味を共有したり、さりげなく愚痴を聞いてあげたり…。

セックス以外の時間を増やしていくことが有効です。自宅やホテル以外にデートや食事に誘ってみることで、

自分が知らない新しい一面を知ることもできます。


セックス以外の時間を一緒に過ごし、自分のことを相手に知ってもらうチャンスを作りましょう。

いざセフレから脱却し、交際相手へと発展したとしても、性格や価値観が合わなければ関係は続きません。


そして今の関係を変えたいのであれば、リスクを恐れずに都合の良い相手を止めること。

連絡の頻度を落としたり、相手からの要求に答えることを止めたり、セックスだけをする機会を減らしたり…。


あなたとの時間の大切さ、いなくなってしまうかもしれないという危機感を持たせても良いと思います。

追うだけではなく、追われる立場になることもポイントです。


それで相手が離れてしまったとしても、今の関係を脱却できたとプラスに捉えましょう。

自分の時間を増やしたり、すぐに気持ちのチェンジは難しいかもしれませんが、新たな出会いを求めるのも有りです。

身体だけではなく、あなた自信をきちんと愛してくれる人が意外とすぐ近くにいるかもしれませんよ。


今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or