コラム

男性への上手な褒め方

コラム

2022.11.05

50 views

人から褒められると嫌な気持ちになる人は、あまりいないのではないでしょうか。


特に男性は女性よりも「褒められることが嬉しい」と感じる方が多いのをご存知ですか?

それは、男性の心理において「優越欲求」が強い、プライドが高い人が多い、

認められたいという気持ちが女性よりも強い傾向にあるからだと言われています。


しかし実際に「どうやって褒めれば良いのかわからない」

「自分が良いと思ったところを褒めたけど、反応が薄い。どこを褒めたら喜んでくれるの?」と悩んでしまい、

褒め言葉をかける一歩を踏み切れない女性も多いと思います。今回は「男性を褒めるポイント」について紹介をします。


男性は他人よりも優れていることを褒められると喜びが増すと言われています。

つまり、比較相手よりも自分の方が上だと言われると、嬉しく感じることが多いようです。


例えば「Bさんより、Aさんの方が仕事も一生懸命だし、頼りがいもあってカッコ良いと思います」というような褒め方が有効です。

どの部分が効果的な褒め方であるか確認をしていきます。


まず一つ目は、Bさんよりも自分の方が好意的に見られているという、優越感を感じさせる褒め方。


二つ目は「仕事も一生懸命」という言葉で、自分の働き方を見てくれている女性がいることへの安心感を与えます。

そして「頼りがいもあってカッコ良い」という言葉で異性として意識をされているのではないか?と男性に感じさせることができます。


「カッコ良い」だけではなく「頼りになる」という言葉を付けることで、より効果をアップさせることができるのです。

男性にとって「頼りになる」という言葉は、男性が幼い頃ヒーローに憧れる人が多いように、男性らしく強くありたいという気持ちに寄り添う言葉がけなのです。


「カッコ良い」という言葉を言われて、不快に感じる男性もあまりいないと思いますが、

ただ「カッコ良い」「イケメン」だけを伝えると、ただのお世辞だと思われてしまいます。

どこがカッコ良いのか明確に理由を伝えることで「本当にそう思われているんだ」という信頼性が生まれるのです。


男性は褒められることで自信がつきます。「ちゃんと自分のことを認めてくれる女性」であることをしっかりとアピールすることが大切です。

交際に発展したカップルも、お互いこまめに「褒め合う」ことのできるカップルの方が長続きをすると言われています。

注意が必要なのは、気持ちのこもっていない軽い褒め言葉は逆効果だということです。「凄い」「カッコ良い」を使いすぎると、

ただの社交辞令とも受け取れる、嘘っぽい言葉になってしまいます。


「男性を褒めることができる女性は恋愛上手」とも言われますが「褒めて伸ばす」という言葉もあるように、

褒めることはビジネスシーンで使える技術でもあります。


最初は失敗を恐れずに素直に自分が「良いな」と思ったところを伝えてみてはいかがでしょうか?

それが出来たら一歩前進をし、好意を持っている男性のことをよく観て「どこを褒めたら喜んでくれるか」というポイントを見つけてみましょう。


恋愛上手になること間違いなしです。

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or