コラム

「とっても可愛い!」女性の上手な甘え方

コラム

2023.06.30

646 views

職場や友人の中に「甘え上手」な女性はいませんか?上手に甘えることで、相手も嫌な顔一つせず仕事を手伝ってくれたり、合コンで連絡先を何人にも聞かれていたり…。甘え方によっては相手を不快にさせてしまうこともありますが、上手に甘えることができたら、もうちょっと楽に生きられるかもしれません。今回は、とっても可愛い女性の上手な甘え方について紹介していきます。



男性が喜ぶちょっとした甘え方

好意を寄せる女性から甘えられたら、嫌だと感じる男性はほぼいないでしょう。男性は「頼りになる、頼られている、頼もしい」と思われたい傾向にあります。しかし交際に発展していない場合、相手が自分に好意を寄せているのかはわからないことも多く「甘えたら嫌われてしまうかも?」なんて不安に思いますよね。そんな時は、ほんのちょっとしたことでまずは甘えてみましょう。


例えば、仕事で困っていたら素直に「教えてください」と伝えてみたり、荷物が重くて運べなさそうであれば「手伝ってくれませんか?」と声をかけてみたり。甘えるのが苦手だったり下手な女性は、基本的には一人で何でもできる、誰にも迷惑をかけちゃいけないと思っている人が多いんです。その小さな助けてを上手く甘えに変えることができれば、コミュニケーションにも繋がって気になる男性とも距離も近くなるはず。なんでもできちゃう強い頼りになる女性より、少し守ってあげたくなるような女性の方が男性は惹かれます。

「俺なんかいなくてもこの人は生きていける」よりも「俺がいなきゃダメだ」と感じる女性の方がモテるんです。



相談をする

男性に悩んでいることを相談することも良いでしょう。「悩んでいることがあるんですけど、〇〇さんにしか相談できなくて…」不特定多数に相談しているのではなく「あなただけ」と特別感を出すことが有効なポイントです。誰にでも甘えている女性を見ると、誰でも良いんだ、ただのぶりっ子などと勘違いをされてしまう可能性があります。本当に甘えたい人、あなただけという特別な存在であることをさり気なくアピールしてみましょう。

何かを手伝ってもらったり、相談に乗ってもらったりした時は必ず感謝の気持ちを伝えるのもポイント。「ありがとう」「助かりました」、この一言があるか、ないかで大きな違いを生みます。きちんとお礼を言える、礼儀正しい人の方が今後も助けてあげたくなりますよね。


NGポイントとしては、相手が忙しそうな時は、甘えるのは控えましょう。自分のことでいっぱいいっぱいの時に甘えられても困りますよね。印象も悪くなります。物が欲しいとお願いするのは、上手な甘え方ではありません。ご飯を毎回奢ってもらったり、お金について甘えることは控えましょう。



まとめ

甘え方を間違ってしまうと、図々しいと思われたり、ワガママだと思われたり、さらに甘えられることが嫌いな人もいるため、甘える相手も考えなければなりません。しかし甘え上手になれば、もう少し楽な生き方もできるかもしれません。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or