• HOME
  • tsumugi cafe
  • 大人が両思いになる方法とは? NG行動や諦めるべきタイミング

コラム

大人が両思いになる方法とは? NG行動や諦めるべきタイミング

コラム

2023.11.24

212 views

気になる人と両思いになりたい!と思っても、
両思いになる方法がわからない人はあなただけではありません。
この記事では、両思いになるためのテクニックのほか、避けるべき行動を解説しています。


学生のころはもう少し気楽に恋愛ができていたのに、大人になってから臆病になっている人は少なくありません。 気になる相手がいても、さまざまなことを考えてアプローチできない人のなかには、確実に両思いとわかるまで告白するのが怖い、という人もいるのではないでしょうか。気になる相手とは、できるだけ早く両思いになりたいと思うのは自然なことです。 この記事では、両思いになるためのテクニックのほか、片思いで終わってしまう人の特徴や、両思いから遠ざかるNG行動を解説します。素敵な恋愛をしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。



片思いで終わってしまう人の特徴


相手と両思いになりたい!と思っていても、相手に振られたらと考えると告白するのをためらってしまう人は決して少なくありません。誰でも傷つくのは怖いものです。 しかし、いつも片思いで終わってしまうという場合は、あなたの行動や考え方に原因があるのかもしれません。片思いで終わってしまうことが多い人の特徴を紹介します。



アピールせずに受け身でいる


片思いで終わってしまう人の多くは、アピールが苦手です。自分の存在を相手にアピールすることなく、受け身で相手からのアプローチを待っています。しかし、それでは相手はあなたの好意に気付きません。 片思いばかりの恋愛を卒業するには、あなたから相手にアプローチすることも必要です。最初は緊張するかもしれませんが、少しずつ自分の好意を相手に伝えるよう、意識してみましょう。




好きな気持ちが上手に表せられていない


いつも片思いで終わってしまう人のなかには、相手に好意をアピールしているという人もいます。その場合、あなたの好意が相手にきちんと伝わっていないことが考えられます。 それまで男友達として遊びに行ったりしていた相手が恋愛対象になった場合、いつもの雰囲気で冗談を言ったり、照れ隠しからつれない態度を取ってしまう女性もいます。 恋愛は、相手に自分の行為を伝えることがスタートです。まずは、ストレートに好きな気持ちを伝えるよう、意識してみましょう。




自分に自信がなくて行動に移せない


恋愛に臆病な女性ほど、自分に自信がなく、行動を起こせないことが珍しくありません。誰かに褒められても「私よりも〇〇さんのほうが…」「私なんて…」と謙遜することが多すぎる人は、無意識に自分に自信が持てていないのでしょう。 自分に自信を持って!と言われても、自身はそう簡単に身につくものではありません。まずは小さな目標を立て、それをコツコツ達成することからはじめてみてください。小さな目標でも積み重ねることで、自分に自信が持てるようになります。





気になる彼と両思いになる方法3選


ここからは、気になる彼と両思いになる方法を解説します。
相手と両思いになりたい人は、次のことを実践してみましょう。


・自分から積極的に話しかける
・相手を褒める
・連絡の頻度を相手に合わせる



1. 自分から積極的に話しかける


両思いになるためには、相手に自分の存在をアピールすることが重要です。気になる相手には、積極的に自分から話しかけましょう。 まめに自分に話しかけてくれる相手は印象に残りやすく、おのずと距離も縮まります。まずは挨拶からでも構わないので、自分から声をかけることを意識してみてください。




2. 相手を褒める


相手と何を話せばよいか迷ったときは、相手のことを褒めてみましょう。褒められて嫌な気分になる人はあまりいません。相手をよく観察すると、新たな魅力に気付けるチャンスも広がります。 相手を褒めるときは、さりげなく褒めるのがポイントです。大げさに褒めると、相手に「下心があるのでは?」と警戒されてしまいます。 褒めるポイントに迷ったら、


「髪型変えた?似合ってるね」

「話し上手なあなたと一緒にいると楽しい」


など、相手の髪型や持ち物を褒めるほか、相手と一緒にいて自分がどう感じているかを素直に伝えてみましょう。 とくに自分がどう感じているか伝えることは、相手に自分の気持ちもアピールできるのでおすすめです。




3. 連絡の頻度を相手に合わせる

相手が好きなあまり、次から次へとメッセージを送ってしまう人がいますが、両思いになりたいなら連絡の頻度は相手に会わせましょう。 コミュニケーションはキャッチボールです。あなたが一方的にボールを投げるのではなく、相手にもボールを投げてもらいましょう。 まめに連絡をするのが苦手な人もいれば、できるだけ頻繁に連絡したい人もいます。相手に振り向いてほしいときは、相手のペースでコミュニケーションすることを意識してみてください。




両思いから遠ざかるNG行動

ここからは、両思いから遠ざかるNG行動を紹介します。


・返信がないのにしつこく連絡する
・過度な好きアピール
・男性のプライドを傷つける言動


以上のことに心当たりがある人は、今日から控えるようにしましょう。



返信がないのにしつこく連絡する


男性のなかには、まめに連絡するのが億劫という人も少なくありません。そのようなタイプの場合、LINEで既読が付いたのに、すぐに返信がないことも珍しくないでしょう。 すぐにでも返信が欲しい気持ちはわかりますが、相手から返信がないのにしつこく連絡するのはNGです。


「面倒な人だな」
「自分とは合わないな」


と思われてしまうおそれがあります。




過度な好きアピール


過度に好意をアピールするのも控えましょう。まったくアピールをしないのは問題ですが、アピールのしすぎもうっとうしがられてしまいます。相手と両思いになりたいなら、適度な距離感を持って接するように心がけてください。
ボディータッチは、恋愛テクニックのひとつとして広く知られていますが、人によっては嫌悪感を抱きます。相手が少しでも嫌がるそぶりをみせていたら、すぐにやめましょう。
人には、他人が入ってくると不快に感じる空間である「パーソナルスペース」があります。女性に比べて男性はパーソナルスペースが広いといわれているので、女友達と接する感覚でスキンシップをしたりするのは避けた方が無難です。 必要以上にスキンシップをすると「なれなれしい」「ベタベタしてくる」と思われる可能性があります。




男性のプライドを傷つける言動

男性のプライドを傷つける言動にも注意が必要です。女性のなかには、姉や母親のような気持ちで男性にアドバイスをしたり、説教をしたりするタイプもいます。 しかし、男性にとって人前で他人にアドバイスされたり、説教されたりするのは、ひどくプライドが傷つくことです。 片思いの相手に振り向いてもらいたいなら、上から目線で接しないように心がけましょう。ほかの人と気になる相手を比較することも、相手のプライドを傷つけるので控えてください。




1年経っても進展がなければ次に進むべき

相手と両思いになるためにさまざまな努力をしても、相手が振り向いてくれないことはあります。 もし1年経っても相手が振り向いてくれないときは、気持ちを切り替えて次の出会いを探しましょう。




最後に告白してみる


次の出会いを探すといっても、強く思っていた相手ほど、そう簡単に諦められるものではありません。 そのようなときは、気持ちを切り替えるため、最後に告白してみるのもよいでしょう。思いが成就しなくても、相手にきっぱりNOと言われれば、諦めもつくのではないでしょうか。




新たな出会いを探すために行動する


新たな出会いを探すため、行動してみるのもおすすめです。今まで出かけなかった場所に出かけたり、友人に紹介を頼んだりして、出会いの機会を増やしましょう。 最近はマッチングアプリも人気です。新しい出会いを求めて行動することで、より素敵な相手と出会える可能性が高まります。 新しい出会いを求めるとき、せっかくなら魅力的な男性と出会いたいと考える方は少なくないでしょう。こちらの記事では、かっこいい男性と出会える方法や、好かれやすい女性の特徴を紹介しています。




まとめ


ずっと片思いを続けることは、苦しいものです。相手と両思いになりたいなら、自分から行動を起こしましょう。相手に積極的に話しかけて、相手に自分の存在をアピールするのが両思いになる近道です。 しかし、いくらアピールしても相手が振り向いてくれないこともあります。1年経っても相手との関係に進展がないなら、新しい出会いを求めて行動するのもおすすめです。
マッチングアプリの「Ciel」は、真剣な出会いを求める人のためのマッチングアプリです。アプリ内にコンシェルジュを置いて個別のサポートも行うなど、初心者でも安心して使える機能が揃っています。
恋愛だけでなく、結婚や友達・食事・経験といったカテゴリーで出会うこともできるので、交友関係を広げたい人にもぴったりです。素敵な恋愛がしたい女性や、新しい出会いを求めている女性は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or