コラム

マッチングアプリでの上手な断り方を紹介

コラム

2024.01.26

132 views

マッチングアプリで出会った相手への断り方は、シチュエーションや今後の関係をどうしたいのかで異なります。どちらの場合でも、素直な気持ちを伝えれば相手はわかってくれます。
困ったときはアプリ運営側に相談するのもおすすめです。


マッチングアプリを利用していると、断りたいシチュエーションも出てきますよね。いい人だけど相性が合わないときは、どう断ればいいか迷います。また、メッセージのやり取りは続けたいけど電話やLNE交換はまだ早い、となることも。 そこで今回は、マッチングアプリでの上手な断り方を紹介します。つながりを終わらせたい場合の方法から、一時的な断り方までさまざま解説しています。マッチングアプリで相性のいいパートナーを見つけるまでの上手な切り抜け方法として参考にしてください。





マッチングアプリでの上手な断り方

マッチングアプリでは複数の人とマッチングすることも珍しくありません。マッチングしたからといって全員と会う必要はないため、マッチングした人の中から会ってみたいと思った人と会う約束をしましょう。 また、マッチング相手でもやり取りから「合わないかも」と感じる場合や、会った後にこれ以上は進展させたくないと思うこともあります。また、もっと知ってから先のステップに進みたいと、一時的に断りたい場合もあるでしょう。さまざまな理由からマッチング相手に断る場合の適切な対応方法を紹介します。



会う前に断りたい場合


会う前にマッチング相手からの誘いを断りたい場合は、理由によって断り方が異なります。相手のことをもっと知りたいと思ってはいるけれど、まだ1対1で会うのは気が引ける、このような場合は、素直に気持ちを伝えましょう。 もう少しお互いを知ってから会いたいと伝えても、こちらのことを考えてくれているなら、無理に急かされません。ただ、相手はいつまでも待ってくれるわけではないため、心の準備はなるべく早めにしてあげましょう。 


また、素直な気持ちを伝えて関係が変わってしまうのが不安と感じる場合は、デートの日程調整をしながら、その間に心の準備をするのもひとつの方法です。ほかの予定があるため約束を後日にしたいと伝えれば、デートを断ったわけではないので気まずくなりません。ただ、素直な気持ちを伝えるよりも考える時間は少なくなるため、早い決断が必要です。 反対に、自分と合わないと感じた場合は、はっきりと伝えるのがおすすめです。中途半端な断り方をすると、再度誘われる場合もあります。まったく気持ちがないなら、相手のためにもはっきり断りましょう。


しかし、はっきり断るのは気が引ける方も多いでしょう。断りづらい場合は、忙しくて時間が取れないといって断るのもおすすめです、しかし、いつごろなら可能なのか聞かれることもあるため、落ち着いたら連絡すると伝えておきましょう。 察しのいい人であれば、しばらく連絡しないと脈なしと気づいてくれます。しかし、気づかずに改めて誘ってくる場合もあるため、どこかのタイミングではっきりと断る必要があることを覚えておきましょう。





会った後に断りたい場合


会った後に断りたい場合、まだ1度しか会っていないなら、会ったときの感想を伝えた上で断るのが理想です。 たとえば、 


・「会話も楽しめて友達としてはいいのですが、結婚や恋愛相手としては合わないと感じてしまいました」


・「とても楽しい時間を過ごせました。だけど、ほかに親しくしたい相手ができてしまったのでもう会えません」 


 などが適切です。

どのような断り方をする場合も、申し訳ない気持ちはしっかりと伝えま しょう。しかし、数回会った後に断る場合は、もっとオブラートに包んだ断り方をするの がおすすめです。 会ってみたけど合わないと感じた場合は、上記のような断り方がおすすめです。しかし、相手を怪しい人と感じた場合は、理由をつけてすぐにその場から離れます。理由は、体調が悪くなった、急用が入ったなどで構いません。 


マッチングアプリ会員の中には、投資やビジネス、お店などへの勧誘を目的とした業者がいるため、注意が必要です。 しかし、婚活・恋活・マッチングアプリサービスの『Ciel』では、アプリ内を24時間365日の監視しているため、業者と分かれば直ちに強制退会措置をしてくれます。




電話をしたいといわれた場合

電話をしたいと言われたが乗り気になれない場合は、もう少し親しくなってからの方がいいと伝えましょう。また、電話が苦手なことが理由であれば、正直に伝えれば相手もわかってくれます。 しかし、相手によっては「なぜか?」と尋ねてくる場合もあるため、そのときははっきりと理由を伝える必要があります。万が一断ったことでトラブルになりそうだと感じる場合は、運営側に相談するのがおすすめです。



ご飯に誘われた場合


メッセージのやり取りは楽しめているが、ご飯に行くにはまだハードルが高いと感じる場合は「忙しくて時間が取れないので、まずはお茶しませんか」と聞いてみましょう。 こちらのことをよく知りたいからと誘ってくれているのであれば、お茶でも構わないと言ってくれます。まずは短い時間から会ってみましょう。そこからご飯の誘いを受けても構いません。 しかし、どうしてもご飯がいいとこだわる場合は、時間がないと断りましょう。こちらの気持ちを汲んでもらえないなら、断るのもひとつの選択です。





LINEを交換したくない場合


LINEの交換を提案された場合に気が乗らないなら、気持ちに合わせて以下の断り方がおすすめです。 ・会ってからでないと不安  LINEはアプリ外での連絡を取る手段のため、一般の男性であれば察してくれるはずです。会ったときに不安が解消できればLINEを交換しましょう。 ・仲良くなってからがいい 「もっとお互いを知ってから」と、ポジティブな断り方なら相手も納得してくれます。反対に、誰にでも簡単に連絡を教えない人だと、いい印象を与える場合もあります。 しかし、まだLINEを交換したくはないが、断って関係が断たれてしまうか不安だという 場合は、LINEの個人情報を隠して教えることも可能です。タイムラインを非表示にした り、アカウント名をニックネームに変更したりすることで対応できます。





ほかに好きな人ができた場合


ほかに好きな人ができた場合は、素直に伝えるのがおすすめです。遠回しな内容で一時的に断れたとしても、今後相手と親しくなる気がないなら相手にも失礼です。また、好きな人にとっても、ズルズルとほかの相手と連絡をとっているのはいい気がしません。 ほかに好きな人ができたと伝えると、怒らせてしまうかもと思う場合は、運営側に事前に伝えておきましょう。トラブルになったときの対処をお願いしておくのもおすすめです。また、個別対応してくれるアプリサイトであれば相談にも乗ってくれます。 『Ciel』はアプリ内にコンシェルジュを置いています。個別サポートも行っているため、初めてマッチングアプリサイトを利用する方も安心です。




まとめ

相手との相性や印象の違いから、マッチングしていても断りたい場合があります。初対面のデートを一時的に断りたい場合は「お互いをもう少し知ってからがいい」と伝えるか、日程を遅らせて考える方法があります。 デート後に断りたい場合は、素直に理由を伝える、電話や食事に抵抗がある場合は、率直に伝えるか、親しくなってからの提案も検討しましょう。LINE交換をしたくない場合は、会ってからでないと不安だと正直に伝えて、理解してもらうのも一つの手段です。 


 『Ciel』はアプリの監視体制の充実さや個人情報とプライバシー保護の取り組みがしっかりされている、婚活・恋活・マッチングアプリサービスです。困ったことがあっても匿名で悩みを相談できるため、安心して利用しましょう。

今すぐCielをはじめよう!

利用規約および
プライバシーポリシー
ご一読いただき、

会員登録をお願いします。

Facebookではじめる

※Facebookには一切投稿されません。

メールアドレスではじめる すでに登録されている方はこちら

or